なんか、300行くらいあったので、ファイルをアップロードしてみます。  が……どんなことをなさろうとしてるのでしょうかねえ。  言い忘れてましたが、スクリーンセーバーの実体は、単なるexeです。その拡張子をscrにリネームすると、windowsがクリーンセーバーと認識して、インストール出来るようになります。スクリーンセーバーっぽいフルスクリーンのプログラム以外も、ふつーに動きます  「○分間なにも操作がなければ」……といった監視はwindowsが行っていて、指定の時間が経過したら、scrを実行するという寸法です。ただそんだけのことなんです。  一番厄介だったのは、プレビューのミニ画面を表示することでした。><  一応サンプルは、スクリーンセーバーの設定画面で、ミニ画面や設定変更など、ぽく動くようにしています。  ぽく動くようにするには、コマンドラインの起動オプションで、動作を振り分けるようにする必要があります。  その辺が不要であれば、普通にプログラムを作って、実行ファイルにし、拡張子をscrに変更し、スクリーンセーバーとしてインストールするだけでOKなのでした。